明治大学校友会 千葉地域支部
ちはなちゃん 明治大学公式キャラクター めいじろう

ご挨拶

支部長 安藤正美

 明治はひとつ、紫紺の魂を胸に

 

皆様にはますますご清栄の事とお慶び申し上げます。

 

学生時代に過ごした仲間や友は、人生の宝ではないでしょうか。人生を振り返る時、その思い出は、まばゆい輝きで満ち満ちています。

 

さて、私、新城洋一は校友会の皆さまの御厚情に支えられ、このほど千葉県東部支部千葉地域支部長を命じられ、その責任の重さを感じると共に、感謝としみじみとした喜びを感じております。

明治大学校友会は、大学の歩みとともに伝統と歴史を刻みつつ、校友53万人を擁しています。現在は、2009年(平成21年)に就任された向殿政男校友会長の提唱する「明治はひとつ」の精神のもと、母校発展・充実に寄与し、後に続く学生が各人の夢を実現して社会に貢献できるように、また会の発展のための活動を続けています。明治大学の校友の愛校心の強さ、後輩の面倒見の良さは、広く知られた良き伝統です。私も校友の皆さまに支えられ、人生を歩んで参りました。

 

わが母校は、封建的な社会から近代社会へと変容する時代に、個人の権利を確立し、自由な社会を実現するために、フランス法学を教授する明治法律学校として、1881(明治14)年に創立されました。学部の増設にともなって総合大学となった現在でも、創立時からの伝統によって確立された建学の精神「権利自由,独立自治」を理念としています。
「権利自由、独立自治」は、「個」の確立を通じて近代化を図るべきであるとの視点のもと、近代市民の育成を目指し、創立以来有為な人材を数多く輩出してまいりました。

 

グローバル化が一段と進展する中で、建学の精神「権利自由、独立自治」、そして「個」の確立が改めて重要な意味を持つ時代となっています。このような時代だからこそ、時代の変化や社会の要請を先取りし、未来に羽ばたき、そして新しい時代にふさわしい価値を見出し、世界に向けて発信する校友会組織でなくてはなりません。また、受験者数11万人を誇り、全国にある781大学中、ナンバー1の人気校となり、校友会の果たす責任も、ますます重くなっております。

 

さて、4年後に控えた伝統ある明治大学校友会全国千葉大会が、千葉東部支部と西部支部主管のもと、地元の幕張新都心で開催されます。幕張新都心は、成田国際空港、上総アカデミアパークと共に千葉県三角構想として、国策で進められた世界有数のコンベンションシティーです。わたくしも一ホテルマンとして、この新都心開発に参画し、ホテル事業を営んだ者として、全国53万の校友会の皆様をこの地にお迎えすることに無上の喜びを感じているところです。

 

千葉県東部支部は、平成16年6月19日に発足、本年で12年目を迎えることとなりましたが、「明治はひとつ」の絆のもと、諸先輩からの教えである紫紺の魂を胸に、来るべき幕張新都心での全国千葉大会を盤石のものとし、さらなる飛躍に向けて努力する所存です。
今後とも皆さまのお力添えをお願いし、就任のあいさつとさせていただきます。

 

明治大学校友会千葉地域支部
支部長
新城洋一