明治大学校友会 成田地域支部
明治大学公式キャラクター めいじろう

明治大学校友会

明治大学校友会成田地域支部
支部長
小川賢

支部長 小川賢

明治大学校友会は、2011年7月、向殿政男校友会長を再任し、「明治はひとつ」をスローガンにまた新たなスタートを切りました。
多様化、高度化が進展する21世紀の知識基礎社会において、主要大学間の競争は、年々激しさを増しております。2013年度に引き続き、2014年度も8年連続で一般入学志願者数において、10万人を超える志願者を集めましたが、これに慢心することなく、改革を進めなければなりません。そして何より、明治大学が真のトップスクールとして社会に認知されるためには、学生・教職員・父母・校友等、多くの関係者の母校愛を大きな力として結集させる必要があります。
向殿会長は、就任以来、明治大学校友会こそが、明治大学を愛する全世界の人々のキーステーションとなり、「ALL MEIJI」体制を構築すると高らかに掲げました。そして明治大学校友会は、自らの理念と目的を達成するため、向殿会長の構想を基軸に大きく前へ進みました。

明治大学校友会 2014年度事業計画

校友会は大学を賛助し、会員相互の親睦を図る目的で設立されたものである。終身会費の予納制も確立した現在では、“明治はひとつ、オール明治を目指した全員参加の校友会”のスローガンのもと、若手及び女性の校友会への参画を促すとともに、「背骨に当たる部分は支部」で、「心臓部分は本部執行部と支部長会」で、組織の活性化のためには、縦糸(支部・地域支部)と横糸「校友の各種OB組織」の連携と協力が必要不可欠である。国際化に向けて一段と飛躍を図る等、組織強化に一層努めていくこととしています。

1 支部組織

明治大学は卒業生52万人、現在住所判明者は約28万6千人です。2014年3月現在、全国54県単位支部及び外国2支部、更にその傘下に219地域支部が組織され、大学支援・賛助のために様々な活動を展開しています。

2 校友会財政及び終身会費

校友会財政は、数年来、単年度収支差額が赤字となっておりましたが、このことを是正すべく財政改善検討委員会を設置し、支出抑制及び収入増大に係る項目を、単年度及び中長期対応に分けて抽出、検討し、対策を講じた結果、2013年度は解消されました。
その中で、校友会活動の原資である終身会費については、2004年度学部入学生から、会則第8条に基づき、在学中に3万円を納入する「予納制」としており、在学生は卒業した時点で校友会員となり、同時にその終身会費が校友会費に振り替えられています。
一方、終身会費が未納である校友に対しては、大学から郵送されている「明治大学広報」に、会長名で納入の依頼文書と振込用紙を同封しております。2013年度も2012年度と同様に、この納入依頼の回数を2回に増やし、納入を呼びかけました。2007年3月以前の既卒者の終身会費納入率は、48.60%に留まっていますが、安定的な納入状況を維持し、校友会諸活動を遂行する上で、強固な財政基盤となっています。

明治大学校友会 成田地域支部の活動

1 成田地域支部の設立

母校明治大学校友会は、2003年2月、校友会組織が改革され、全国の校友会が208支部から54支部に統廃合され、千葉県は、東部支部と西部支部に編成されました。これにより、校友会本部の新体制が生まれ、これを機に、校友会未結成地区において、地域支部結成への活動が活発になりました。
成田市では、平成9年度から「明治大学・成田社会人大学」が開催されており、その都度、総長・学長・各学部教授が成田市を訪れ、市民の向学心・教養の向上に寄与し、市民との交流を深めています。このような背景と大学校友会並びに千葉県東部支部の強い要請を受け平成17年4月24日地元ホテルに於いて、会員128名、出席者60名で設立総会が開催されました。
来賓祝辞は、明治大学理事長と成田市長に頂き、記念講演は成田市橋賀台在住の大塚初重明治大学名誉教授が「考古学から見た古代の成田」と題して講演されました。最後に全員で校歌「白雲なびく」を熱唱し成田地域支部がスタートしました。

2 成田地域支部会則(抜粋)

(名称) 第1条 本会は、明治大学校友会成田地域支部と称する。
(地域) 第3条 本会の地域は成田市及び周辺の地域とする。
(目的) 第4条 本会は、明治大学校友会本部の実施する事業並びに千葉県東部支部活動に参加するとともに、会員相互の親睦・交流を図り、合わせて地域社会に貢献することを目的とする。
(事業) 第6条 本会は、第4条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1 上位支部並びに地域支部との連携による大学賛助のために必要な事業
2 本地域支部振興のために必要な事業
3 地域社会に対するPRと貢献
4 会員名簿、会報等の発行
5 その他本会目的達成のために必要な事業

3 大学を賛助する 「明治大学未来サポーター募金」

未来サポーター募金は、寄付金の使い道を5つの分野の中から選んでいただくことで、寄付者の本学への思いをダイレクトに反映できます。
① 奨学サポート資金  学生の学ぶ意欲に応える奨学資金制度に
② 国際化サポート資金 積極的な国際連携を推進し、国内外に誇れる大学づくり
③ 研究サポート資金  研究・知財戦略機構を基盤とし、幅広い研究を展開する為
④ スポーツサポート資金 体育会を応援するための資金、45の部より選べる
⑤ キャンパス整備サポート資金 学びの場を更に充実、教育研究設備の整備に

4 校友の親睦を深める

支部総会・役員会・新年会・納涼大会・忘年会・ゴルフ大会・六大学野球応援

5 地域社会に対して貢献する

地域に文化を 明治大学マンドリンクラブによるチャリテイ演奏会の開催
地域に対する奉仕活動

 

事務所及び連絡先   成田市東和田444-1 協同組合 千葉県労務協会内
明治大学校友会 成田地域支部
電話0476-22-4130

支部長 小川 賢  成田市花崎町746-1 0476-22-0851
幹事長 宮田 明俊  成田市田町305    0476-22-3312